【スリーパードクターズピロー】口コミ|姿勢が良くなる安眠枕で不眠の悩みを解消

睡眠をサポートするドクターも絶賛の枕【スリーパードクターズピロー】の紹介です

2014年08月

素材にも徹底的なこだわりを持って作られているスリーパードクターズピロー。

2つの枕を重ねた特殊な構造になっているのですが、
頭部に使われている素材と、肩を乗せる部分とが違う素材で作られています。

頭部に使われているのが、「低反発ハイデンシティウレタン」です。
これは独自に開発された素材で、沈み込み過ぎない、かたすぎない、
といった、ちょうどいい感覚を楽しむことができます。
これが睡眠時の快適さを作ってくれるのです。

また、肩を乗せる部分に使われているのが、「高性能HDLマット」です。
これは、プロファイル加工によって、背中を点で支えてくれるもの。
肩コリの原因である肩甲骨まで、凸凹加工によってサポートするため
程良い刺激が、肩周辺の筋肉をほぐしてくれる効果を期待できます。

頭部に使われている「低反発ハンデンシティウレタン」と
肩を乗せる部分に使われている「高性能HLDマット」の二つの構造によって、
背中から上の部分を包み事が可能になり、頭から背中のラインが安定。
腰の負担も軽減してくれるという、構造になっているのです。

体の大きな欧米人にはあまり肩こりがありませんが、
これは欧米では大きな枕が使われている事が多く、そのため、頭を充分に
休ませることができるためと考えられます。
日本人の枕は比較的小さいため、頭の重さが肩や首にかかりやすいのです。
最近の日本人の体つきは、昔と比べるとかなり体格が良くなってきていますし、
また、社会的なストレスも多い現代です。

スリープドクターズピローは、頭から首、肩、背中へつながる軌道を意識した
構造になっていますし、呼吸もしやすい構造で作られています。
不眠や疲労感の改善を、スリープドクターズピローで体感してみませんか?


>>睡眠の専門家も絶賛!【スリーパードクターズピロー】
 
 

 
 


寝返りの重要性について


睡眠中に人が寝返りを打つ回数は、小さな寝返りまでふくめると
10~40回にもなるといいます。寝がえりを打つのは、体の機能を調整
している自律神経の働きによるもの。
同じ姿勢でずっといると、血液やリンパの循環が悪くなるために
痛みが出たり、体温が上昇したりしてしまうので、
これらを調整するために自然に体の向きを変えているのです。

さらに、寝返りは骨や筋肉にとっても大きな働きでもあると言われます。
起きている時には、想い頭を支えるために、関節や筋肉に負担がかかっていますが
寝姿勢になった時には、その負担がなくなるので疲労を回復する姿勢なのです。
寝がえりを打つのは日常生活の負担を調節するというやくわりがあるのです。

寝ている時に、高さの逢わない枕をしていると、
高等部への負担が大きくなるため、寝返りが妨げられてしまいます。

スリーパードクターズピローはこの寝がえりをサポートするための
理想的な高さを実現しています。
また、素材も首に優しいものなので寝がえりを妨げることがありません。

またなめらかなウェーブラインによって、心地よい寝返りが可能になっています。
首の圧迫感や、肩コリの原因となるものが、このラインによって
左右に無理なく心地いい寝返りができる構造になっているのです。

また、枕の大きさにも注目です。
小枕が小さくて。寝返りを打った時に、枕から頭が落ちてしまった
という経験がある人も多いのではないでしょうか?
不自然な寝姿勢になってしまい、首や肩、腰などが痛くなる原因になります。

スリープドクターズピローは、寝がえりをうっても
左右に頭が落ちることがありません。

>>【スリーパードクターズピロー】のについてもっと詳しく見てみる






このページのトップヘ